AGA治療には病院処方の飲み薬と塗り薬が効果的

もしも薄毛に見舞われたならば、まず最初にすべきことは原因をきちんと確かめて、それに適した対処法を実践することに尽きます。とりわけAGAという病気が引き起こした薄毛であればクリニックを受診してのAGA治療が必要です。一般的なAGA治療は飲み薬と塗り薬の処方によって構成されます。まずはプロペシアと呼ばれる飲み薬を1日1錠ずつ服用することによって頭髪のヘアサイクルを正常化させ、抜け落ちて薄毛となった部分の毛根を活性化させます。

そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮の酵素が反応しあってDHTという特殊な物質を分泌し、これを毛乳頭が感知することによって頭髪のヘアサイクルを大きく乱してしまう病気のこと。このプロペシアの服用で頭髪のヘアサイクルが正常化するともう髪の成長を妨げるものがなくなるので、薄毛化した部分にも改善がもたらされることでしょう。さらにAGA治療ではここで専用の塗り薬が必要となります。これはミノキシジルという成分を含んだ液体で、薄毛の症状を抱えた頭皮に振りかけると毛細血管が拡張され、血流の量が増加します。

これによって頭皮に運搬される栄養分の量も増しますので、その分、髪の成長に不可欠な栄養分が過不足なく補充されることとなるのです。頭髪はAGAによってすっかりと栄養分の枯渇した状態に陥っているはずですので、そこにこの薬の効果が浸透することによって大きな発毛効果が期待できるようになるでしょう。品川でコンジローマのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*