AGA治療には何があるか

AGAは、季節やストレス、病気によって髪の毛が薄くなったり抜け落ちたりするだけではなく、進行していくのが特徴です。若いころから徐々に薄毛が進行していくので、薄毛に気が付く40代後半になるころにはすでに進行が進んでしまっている可能性があります。AGA治療をする場合、皮膚科やAGA治療を専門に行っている医療機関を受診します。医療機関では血液検査を行ったり、頭皮の状態をチェックしたりし、体に異常がない場合はミノキシジルやプロペシアといった薬を使用しながら治療を行っていきます。

また、合わせて生活習慣の見直しも行い、ストレスがたまらないよう指導も行っています。AGA治療は、開始すると長く続ける必要があります。これは、プロペシアやミノキシジルのような薬の効果を得るには最低でも3か月はかかるためです。また、髪の毛のサイクルによりすぐに髪の毛が生えてくるのではないため、1年ほどは様子を見るようになります。

なお、内服薬であるプロペシアを使用している場合、途中で治療をやめてしまうと効果が得にくくなるので注意が必要です。AGAは、市販の養毛剤では十分に発毛を促したり、薄毛を食い止めたりすることはできにくいです。AGA治療を開始する時期が早ければ早いほど効果も得やすいので、薄毛かもしれないと感じた場合は、医療機関にて相談をすると良いでしょう。個人輸入でも薬を買うことはできますが、副作用に対応することができる医療機関にて処方してもらうと安心です。

横浜で包茎手術のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*