一般クリニックや美容外科などで受けられるAGA治療

多くの男性が思い悩む薄毛症状ですが、その原因の一つにAGAがあります。この症状はまず、男性ホルモンと5αリダクターゼがDHTという特殊な物質を作りだし、毛乳頭の感知機能に引っかかって過剰な反応を引き起こします。この影響で付近の毛細血管からの栄養分の供給がストップされ、毛母細胞の細胞分裂が極めて鈍化して成長サイクルが大きく乱れていく症状です。AGA治療のためには内科、皮膚科、外科や、薄毛外来のある美容外科、そして薄毛治療を専門とするクリニックを受診するのが最適です。

このAGA治療でも最も一般的な手法として飲み薬や塗り薬を使った手法があります。これはプロペシアに代表されるフィナステリド系の飲み薬を飲むことで5αリダクターゼの働きを抑えてDHTを作り出す分量を減らし、頭髪の成長を正常な状態へ引き戻す効果を持っています。さらにミノキシジルもAGA治療薬として知られる成分の一つ。育毛剤に配合され、これを塗ると毛細血管が拡張されるので血流量が増大し、供給される栄養分の分量も増加します。

こうやって過不足なく栄養分が補充され、なおかつ根本にあるAGAが改善されることによって頭髪の成長サイクルも正常化の一途を遂げ、これまで数多く失われて地肌が見える状態だった頭髪も徐々に取り戻されていくことでしょう。ただし、これらのAGA治療薬には副作用のリスクもありますので、事前の診療でしっかりとチェックしてもらいましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*