AGA治療に効果がある方法

AGAは男性型脱毛症のことで、成人男性がひたいの生え際や頭頂部の毛がどちらか一方または、両方から薄くなってゆく状態の事です。日本皮膚科学会が策定したAGA治療として、最も効果のあるといわれている治療方法は、血行促進系のミノキシジルと男性ホルモン系のフィナステリドです。ミノキシジルは、もともと血圧降下剤として使用されていたものが臨床試験中に発毛効果があることが分かり、改めて発毛剤として発売されたものです。AGA治療薬としてのメカニズムは毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と言われていますが、詳しい事は、まだ分かっていません。

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換し、このジヒドロテストステロンが、皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで男性型脱毛を誘発するのですが、このジヒドロテストシテロンを作りださないように、5α還元酵素の活性を抑えることにより、脱毛を抑えます。AGA治療薬として本来は、脱毛を抑えるだけですが、実施の使用者の中には、発毛作用が現れて来ている人もいます。フィナステリドにおいては早い人で半年で約48%の人に効果が出始め、1年で58%の人、2年で68%の人、3ねんで78%の人に効果が出て来たとの方向があります。脱毛の進行が止まった人も入れると98%の人に効果が表れています。

ミノキシジルとフィナステリドは作用機序が違いますので、両者を併用する方法が、現在はAGA治療法として一番効果がある方法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*