AGA治療法は大きく2つに分類される

AGAは、「男性型脱毛症」と言い、加齢により、髪の毛を成長させる毛母細胞の活動が低下し、徐々に薄毛になっていくことを言います。約4人に1人がAGAに悩んでいると言われています。AGA治療の方法も、確立されてきており、多くの人が薄毛改善により自信を取り戻しています。治療法としては、大きく2つに分類されます。

1つ目は、発毛や育毛の効果がある薬剤を内服、または頭皮に直に塗布し、薬の作用によって改善させるAGA治療法です。内服薬は、髪の毛が抜けるのを防ぐ作用があるものと、発毛効果があるものの2種類があり、1日1回の服用を継続します。ます。血液中に成分が入り、毛母細胞を活性化させるため、効果が期待できますが、副作用があるのも事実です。

主な副作用としては、動悸、低血圧などですが、ED(男性器不全)なども聞かれています。また、頭の毛根だけではなく、全身の毛根が活発化されるため、体毛が濃くなる副作用もあります。頭皮に塗布するものは、1日2回塗布を継続します。内服薬ほどの副作用の心配はありませんが、効果も薄いようです。

また、塗布薬はとろっとした粘度があるため、多少べたつきを感じます。2つ目は、外科的施術を行うAGA治療法です。「成長因子」と呼ばれる髪の毛を成長させる成分を直接頭皮に注入し、発毛や育毛を促す治療と、比較的薄毛になりにくい、後頭部など、髪の毛のある部分から皮膚ごと採取し、薄毛になってる部分に移植する植毛という方法です。薬を使ったAGA治療より、改善は大きく期待できますが、手術の分野に位置し、医療保険は使えませんので、治療代は高額となります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*