尖圭コンジローマは横浜市のクリニックで治療

尖圭コンジローマを発症し受診するクリニックを探す場合は、泌尿器科全般の幅広い治療を行うクリニックが横浜市にあります。クリニックに来院するための最寄り駅は横浜市営地下鉄中田駅で、クリニックは駅の2番出口から徒歩1分の場所です。尖圭コンジローマの検査と診断基準は男性と女性で違いがあり、来院する患者が男性の場合の診断は患部の外見に特徴があるため容易といえます。ただ受診する際に病理組織学診断が確定診断の場合は必要です。

そのためクリニックが提案する検査は尖圭コンジローマのDNA型調査を推奨します。女性の場合は外陰部の所見で症状が、独特の形をしたイボのため診断されます。ただ来院する女性患者の診断に苦慮する患部の症状は、初期病変が角化が不十分な状態とイボの形成が不完全の場合です。このような症状の場合は組織の一部を切り取り診断します。

その理由はポーエン様丘疹症と外陰がんなどを疑うためです。また尖圭コンジローマが子宮の入り口に発症した場合は、患部の細胞をこすり取り組織を採取し組織学的な診断を施します。そして横浜市で開院するこのクリニックの治療方法も男性と女性で異なります。男性の場合は外科的治療が中心になり、稀に自然消滅が認められることもあります。

尖圭コンジローマの発症した患部にイミキモドクリームを隔日で週3回、塗布する治療方法もありますが完治のために16週間継続的に塗布する必要があります。女性の場合は凍結療法と電気焼灼、レーザー蒸散とメスで切除する外科的治療などを行います。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*