コンジローマの治療におすすめの品川の病院

性感染症のコンジローマは病院で治療を行った数だけでも年間5、000人以上になります。性行為によりHPVに感染することによって引き起こされますが、このHPVには良性と悪性の2通りのウィルスが存在しており、その多くは良性のウイルスです。しかし一部の感染者から悪性のHPVも同時に発見されることがあり、これは癌化する恐れがあるので注意が必要となります。そして、男性の場合は陰茎がん、女性の場合は子宮がんを引き起こす恐れがあります。

品川にはコンジローマを治療することができる評判の良いクリニックがありますので、もし陰部に異変を感じたら受診してみることをおすすめします。具体的には鶏のトサカのような小さな尖ったイボが出ることでわかります。ただ自覚症状はあまりないので、目で見て発見するしかありません。診療科は品川にある性病科や女性であれば婦人科でも治療が可能です。

コンジローマはしつこい病気で、一度治療してもウイルスが残っていると再び発症してしまうという特徴があるので、経過観察が重要になります。もしイボが再び出てきたときにはすぐにもう一度品川のクリニックを受診しなければなりませんが、これは珍しいことではないので過度に不安に思うことはないでしょう。またコンジローマと間違えられやすい病気もあります。たとえば、陰茎真珠様小丘疹やフォアダイス状態、伝染性軟属腫などです。

扁平コンジローマという似た病名の性病もありますが、こちらは梅毒の第2期疹でイボが平らという特徴があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*