糖尿病の包茎手術は実績があるクリニックで

糖尿病は血糖値が上昇して、尿に糖が排出される生活習慣病の一つです。糖尿病を併発した場合に包茎が進行するケースが多く、早めの包茎手術が症状を抑えるポイントになることもあるといいます。糖尿病により包茎がどのように進行するのか、気になる人も多いかと思われますが、包皮と呼ぶ亀頭を包む皮に炎症が生じるこれが治らない状態が続くと包皮に亀裂が生じて来て痛みを伴います。包皮に亀裂が生じる理由の中には皮膚そのものが固くなるなどが挙げられるのですが、下着の中でこすれるだけでも痛みがあるため包茎手術が必要になることも少なくありません。

糖尿病を患うと細胞に対する抵抗力が低下するため、包皮および亀頭部分に炎症が起こりやすくなります。さらに、包皮と亀頭の癒着が強まるので締め付けが強くなり仮性包茎などが真性包茎の症状になることもある、このような状態になる剥けにくくなること衛生管理が難しくなり、さらに進行すると悪性化スパイラルに陥ることもあるなど、包茎手術の必要性が高まります。包茎の男性が糖尿病を患っているから必ず炎症が起きるわけではないのですが、このようなリスクがあることを覚えておくなども重要です。なお、この疾患を持つ場合の包茎手術は化膿する可能性が高く、切開した傷の癒合不全が生じる可能性があるので難易度は高めです。

そのため、普通の包茎の手術は可能なクリニックでも断れるケースがあるため、実績があるクリニックを探すことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*