包茎手術と糖尿病治療

深刻な後遺症や突然死のリスクを伴う脳梗塞やくも膜下出血や心筋梗塞や狭心症などの重大な疾患を発症させる原因になり得る、インスリンを投与しなければならず日常生活においてありとあらゆる不都合や不便が生じる、糖質を控えた食事にシフトする必要があり食べたいものを思いっきり食べることが出来なくなる、合併症として末梢神経障害や網膜症や肺炎や腎不全などの疾患を引き起こす可能性があるなど、糖尿病につきまとう問題は山ほどありますが、包茎のリスクファクターになるというのもそのひとつです。包茎は生まれつきの遺伝的要因によって起こるのが一般的ですが、糖尿病が原因で起こる男性もいます。痛みや痒みが生じたり不快な悪臭が漂ったり満足のいく性行為を実現させることが出来なくなったり不潔になったりなど、包茎には面倒で煩わしい悩みがついてまわります。そんな悩みを解消させるための唯一の方法として、包茎手術があります。

包茎手術はメスを入れて皮を切断し亀頭が露出する状態に導くための外科治療ですので、失敗したり傷口がなかなか塞がらなかったり感染症が起きたりなどのリスクがつきものですが、包茎手術の名医が在籍していて豊富な治療実績を有している知名度が高い大手のクリニックであれば、さほど心配しなくても大丈夫です。アフターケア用の消毒液や軟膏も処方してくれますし、保証もしっかりしているので安心です。仮性包茎の場合は保険適用外になってしまうことがありますが、カントン包茎や真性包茎だと保険適用となることが多いです。糖尿病であると診断されたことがある男性は、血糖値を下げるための対策も一緒に行いましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*