• 立体駐車場とはどのような駐車場か

    立体駐車場は、外観は四角いビルのような形状をしていて、中は数階の階層になっており各階層は坂道でつながっていて、建物内部、及び屋上が駐車場となっている施設です。

    お客様に相応しい立体駐車場の情報がてんこ盛りのサイトです。

    車の出入り口はほとんどの場合が線路と同じような遮断機が設置されていて、入場する際には駐車券を発行する券売機の横で車両を停車し、発券ボタンがある場合には発券ボタンを押し、無い場合には自動で出てくる駐車券を受け取ることで内部に侵入し、駐車することができます。
    退場する際には出口側の遮断機の横にある精算機の横に車両を停車し、画面に表示される駐車時間に対する金額を精算機に投入することで遮断機が上がり退場できるようになります。

    立体駐車場の内部は、人が車両と同じように建物出口へ向かうと危険なことから建物内部にエレベーターや階段が設置されていたり、非常出口のような扉の外にある階段を下りることで外へと出ることができます。



    また、立体駐車場の駐車券を無くしてしまうと、大抵の立体駐車場出入り口付近の看板に、駐車券紛失時の料金の請求額が記載されている場合がありますが、場所によっては丸一日駐車した場合の金額を請求される事もあります。余計な出費を防ぐためにも駐車券は無くさないように注意が必要となります。
    駐車券を無くしてしまうと精算機に駐車券を挿入できないから出られないと思い込みがちですが、大抵の場合立地駐車場入り口付近に駐車場の管理人室があり、管理人に無くしたことを相談すれば駐車場を出るための臨時券を発行してくれたり、室内から機械で操作して遮断機を上げてくれますので出ることが可能にです。