包茎手術で糖尿病がある場合のリスクを知ろう

包茎手術を糖尿病の人が受ける場合、いろいろなリスクが生じるため、きちんと知識を持っている医師による執刀が重要です。一般的な患者さんよりも術後の経過が悪くなる可能性があるためで、炎症を起こしやすい体質になっていることは包茎を起こしてしまう原因になる場合もあります。血管が糖によるダメージを受けやすかったり血流が滞りやすくなったりすることで、皮膚の代謝も鈍ってきます。包皮の部分でも炎症が起こると皮膚の硬さが変わってしまい狭く堅くなって、仮性包茎だった人が真性包茎に移行しやすくなるためです。

手術中に血が止まりにくくなってしまったり、傷口の治りが遅くて雑菌が侵入しやすくなってしまったりもします。包茎手術を糖尿病患者に対して何度も行った経験がある医師が行えば、リスクに備えることができますし、手術中に変化があった場合にすぐ対応できるスキルも持ち合わせているため安心です。普段専門的に包茎手術をしていても糖尿病患者への対応は行っていないクリニックもあるから、前もって確認が必要です。症状や飲んでいる薬について医師に説明する必要性がありますし、検査を改めて受けるように言われる場合もあります。

結果によっては、すぐに包茎手術できず糖尿病の数値をある程度改善させることが必要になる人もいるでしょう。緊急性が高い場合を除き、長期的な治療が必要になることを視野に入れて、真性包茎に至る前に一度診察を受けておくことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*