包茎手術で物理的問題が解決出来たら糖尿病対策もする

骨粗しょう症や加齢黄斑変性症や歯周病や認知症や変形性膝関節症や動脈硬化や脳卒中や過活動膀胱や心筋梗塞など、加齢によって発症のリスクが上がる疾患は数え切れないほどたくさんありますが、インスリンというホルモンの分泌が不活発になり血中の血糖値が上昇して下がらなくなる糖尿病もそれに該当します。大好物の食べ物を食べるのを我慢しなければならなくなったり、インスリン注射と適度な運動で血糖値が上がらないようにするためのコントロールが必要になったりなど、物理的な負担が増えて不便な生活を強いられるようになります。合併症の恐怖もつきまといますし、包茎のリスクファクターになるという問題も生じます。遺伝的要因で生じることが多い包茎ですが、糖尿病が原因になるということも知っておきましょう。

皮が完全に被った状態で見た目が悪いので温泉や大浴場を利用するのも躊躇してしまい女性との恋愛も消極的になりがち、殺菌力がある石鹸で丁寧に洗わないと皮の内側が不潔になり悪臭が出る、勃起によって激しい痛みが生じるので性行為に対して恐怖心を抱いているなどの包茎の悩みがある男性は多いのではないでしょうか。そんな男性のためにあるのが包茎手術です。包茎手術はハードルが高くて受けるのに二の足を踏んでしまいがちですが、保険適用となる場合が多く麻酔で痛みも感じませんので、意外と負担は少なめで誰でも安心して受けられます。クリニック選びをするときは、症例数・包茎手術数の豊富さや口コミの評判の良さやアフターケアの充実度などにこだわって比較すべきです。

糖尿病の方や血糖値が基準値を超えている糖尿病予備軍の方は、糖尿病対策も必須です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*