糖尿病患者は包茎手術も考えるべき

男性の性器に関する悩みは、多彩です。自分のぺニスが小さいのではないかという短小を気にする人もいれば、逆に大きすぎるために恋人を苦痛にさせているのではないかと考えている人もいるとか。そんななかで、男性の性器に関する一番の悩みは包茎にあるとのことです。要するに、大人になればペニスは剥けなければならず、自分のペニスは皮を被ったままなのでいろいろと不都合があるというのです。

皮を被っているため人と一緒にお風呂に入るとジロジロ見られて、それが嫌だという人がいます。また、皮のせいで亀頭部の感度が敏感になりすぎてセックスの時にすぐ射精してしまうという人も。そもそも包茎にはいろいろな形状があり、医学的に問題があるとされるのはごく一部です。包茎は大きく分けて真性包茎と仮性包茎の二つに分かれます。

真性包茎の中には、一番の問題となるカントン包茎があります。これは亀頭部を覆っている包皮が自分の手を使っても剥けないという症状です。この包茎の人はもともとそうであった人もいますが、糖尿病などの病気を患ったために誘発されてなってしまうケースがあるため注意しなければなりません。カントン包茎の人は通常の包茎の人でも自分で剥ける包皮が亀頭にくっついているため、自力では剥くことができません。

糖尿病のせいで後発的にそのような症状になってしまうのです。こういった人はセックスについても自分に苦痛が生じるため、すぐにでも包茎手術を受けることをお勧めします。包茎手術は、泌尿器科で受けることができます。もし糖尿病を発症すると他の病気を誘発するおそれも出てくるので、ほかの箇所の異常にも気をつけておくべきでしょう。

糖尿病に気づかず、逆にペニスに異常が出てから糖尿病になったという報告もあります。定期検診を怠らず、包茎については包茎手術を受けておいたほうが無難かもしれません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*