糖尿病対策と包茎手術

老眼で物が見えにくくなったり物覚えが悪くなったり代謝の低下で肥満体型になったり関節痛で体を自由に動かせなくなったり抜け毛や白髪が増えたりなど、年齢を重ねると数え切れないほどの健康問題を抱えるようになりますが、血糖値が上昇してインスリンの働きが悪くなる糖尿病もその代表格です。糖尿病の厄介な点は合併症のリスクがつきまとうということです。網膜症や神経障害や腎不全や心筋梗塞や脳卒中や皮膚疾患や肺炎や尿路感染症など、糖尿病の合併症には様々なものがありますが、包茎もその一つです。皮が被って亀頭が露出されなくなる現象で、ゴミや垢や皮脂やホコリが皮の中に蓄積されて悪臭がしたり痒みが生じたり勃起時に激しい痛みが出たりなど、ありとあらゆる問題に悩まされます。

悩みを解消させるための手段として、包茎手術があります。包茎手術が受けられるクリニックは全国にありますので、症例数が多くて信頼できるドクターがいて包茎手術の実績が豊富なクリニックを探してみましょう。メスを入れて皮を切断し亀頭を露出させるという外科手術ですので、痛くて費用が高いというイメージが抱かれがちですが、包茎手術は保険適用となるケースが多いですし、しっかりと麻酔をするので手術時の痛みはありません。豊富な実績を持つ大手のクリニックであれば、アフターフォローも万全で安心です。

糖尿病を患っている男性は糖尿病治療も同時に行う必要がありますし、血糖値が高めな男性は食事制限と運動で対策をすべきです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*