わきが治療と食生活について

わきが治療は、わきが汗の原因となるアポクリン腺を切除すると言う剪除法による手術で行われています。剪除法以外にも、最近は切らずにわきが治療が出来る方法なども在り注目されているのですが、この方法によるわきが治療は、治療が行われてからそれほど時間が経過しているわけではないので、再発するか否かが解るのには時間が要するのです。そのため、現在でのわきが治療で再発がしないと言われているのが剪除法になるのです。尚、わきがと言うのは遺伝性を持つと言われており、両親がわきがなどの場合はそれが遺伝して子供にも引き継がれてしまいます。

また、日本人は元々わきが体質ではないのですが、欧米食などの影響によりわきがになる人も増えていると言います。欧米人と言うのは、約8割がわきがの体質だと言われているのですが、これは欧米食による影響だと言います。元々、欧米人と言うのは狩猟民族とも言われており、動物性タンパク質、脂質分などを中心とした食事をしている人種でもあり、これらの食事がわきが体質を作り出していると言います。日本人の場合は、これとは異なり作物などからタンパク質、脂肪分を吸収しているため、わきが体質ではないとも言われているのですが、食生活が欧米化していることからもわきが体質の人が増えているとも言われているのです。

そのため、わきがは遺伝だけではなく、食生活の改善などにより緩和させることも出来る戸も言われているのです。亀頭増大のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*