わきが治療のメリットとデメリットを知っておく

わきがの辛さは、その状態になった人にしかわかりません。制汗剤で抑えても一時的な効果しか得られないため、結局は手術でわきがを治そうと考えることになるパターンが多いようです。外科的な処置でわきが治療をする場合には、超音波や手術でアポクリン腺を取り除いたり、注射で臭いを抑える方法があります。しかしどれも長所と短所があり、予備知識無しで治療を受けると、思ったとおりの結果を得られずにがっかりする場合もあります。

まずボトックス注射を脇に打つ治療の場合、脇の下にある汗腺を注射の効果によって抑えることができ、汗がでにくい状態にします。汗ができくい状態になれば当然臭いもお出にくくなり、わきがに悩まされることも減ります。しかしこの方法では一時的な効果しか無く、効果を持続させたいなら定期的に病院に通い注射を打ち続ける必要があります。そうなるとトータルでのコストがかなり高額になることも考えられるので注意が必要です。

さらに外科手術で汗腺を取り除く方法もありますが、手術痕が残るうえ一度で汗腺を取りきれなければ何度も手術を繰り返すはめになるかもしれません。そういったリスクも念頭に置いた上で治療を受けるべきでしょう。さらに超音波を使ったわきが治療も最近ポピュラーになっています。この方法では傷もできず効果も半永久的に持続するため、わきがを治したい方の中では人気上昇中の治療法です。

しかし一部の患者がこの治療を受けても全く効果が得られないという報告もあり、その治療効果が絶対的なものではないのも確かです。わきが治療の方法はたくさんありますが、本当に自分に合ったものをみつけるのは難しいかもしれません。それでも、いろんなものを試していくことによって問題解決ができる可能性もあるので、諦めずに治療を続けてみてください。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*