わきが治療の内容について

わきがは、腋臭症と呼ばれるもので、皮膚のアポクリン腺というところから汗とともに強い臭いを発する症状を指します。通常のいわゆる汗臭さとは違い、独特の臭いが特徴です。わきがは非常に不快な臭いを発します。ツンとくる不快な臭いだからです。

また、服に黄色の汗染みができてしまうことも特徴です。外国人に多い症状ですが、食の欧米化が進む日本人にも増えている症状のため、悩みを抱える人も増えてきております。特に夏の暑い季節になると、薄着になり汗をかきやすくなりますので臭いがとても気になるようになります。汗が毛に付着することで臭いを発する原因になるのでこまめに脱毛をしたり、汗を拭いたり、制汗剤を試したりなど日々のケアが大変です。

毎日のことを考えると大変さが非常に伝わってきます。わきがは治療できる症状です。わきが治療にはレーザーによる傷をつけない治療から、重度の患者にはメスを入れる手術もあり、症状に応じての治療方法があります。簡単なわきが治療は、ボトックス注射による治療です。

この注射を打つことで約半年間、汗腺の働きを鈍くさせることができるので、わきがの臭いを抑える効果があります。しかし、定期的に行わなければいけないことが難点です。重度の方には、先ほどもご紹介したメスを入れての手術の方法があります。わきがの臭いの原因となるアポクリン腺や汗腺を除去するわきが治療があります。

多少の傷痕が残ってしまったり、回復までのダウンタイムが生じてしまうことはリスクとしてありますが効果が持続できます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*