わきが治療と多汗症治療について

汗が分泌される汗腺にはエクリン腺と呼ばれる組織と、エクリン腺よりも深い場所に在るアポクリン腺が在ります。エクリン腺から大量に汗が分泌されることを多汗症と呼び、アポクリン腺から汗が分泌され、皮膚の雑菌と混ざり合わさって分解されることで臭いを発生させるわきがはそれぞれ汗腺が異なると言います。どちらも深刻な悩みとなり現れるわけですが、わきが治療と多汗症治療は、治療を行う場所が異なりますが、治療法が似ているのが特徴です。わきが治療や多汗症治療の最も有効な方法として在るのが、それぞれの症状の原因を作り出している汗腺を切除すると言う方法です。

わきが治療などの場合は剪除法と呼ばれる手術を受ける治療方法が有効だと言います。剪除法は、腋の下にあるシワに沿って、2~3㎝ほどを切開して、皮膚を裏返しにした状態でアポクリン腺をハサミを使って切り取る方法です。この方法は医師により、目視をして切除する方法となりますが、技術を持つ医者による手術を行う事でアポクリン腺を綺麗に切除出来るため、わきがの症状を無くすことが出来る事、そして綺麗に切除が出来る事で再発が起き難くなるなどの効果を持ちます。但し、メスを使って切開をするので麻酔を利用する事や傷痕が残る事になります。

尚、この傷と言うのは夏場の季節などでは薄着になるなどの理由からも、人目に晒されるので嫌だと感じる人も多いものですが、傷痕は時間の経過とともに目立たなくなるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*