わきが治療と医療レーザー脱毛

わきが治療を受けたいと言う人の中には脇の下の毛を脱毛する目的で医療レーザー脱毛の施術を受ける人も居ます。わきが治療は、アポクリン腺と呼ばれるわきがの原因になる汗が分泌される汗腺組織を切除する方法であり、メスを使って皮膚を切開してから、皮膚を裏返してハサミを使って切り落とすと言う方法でわきが治療は行われて行きます。医療レーザー脱毛は、わきがの治療に効果が在るわけではないのですが、わき毛の脱毛を行う事で脇の下は衛生的に保てるため、わきがの緩和にも役立つと言われているのです。わきがは、アポクリン腺から分泌される汗だけで臭いになるのではなく、皮膚の常在菌と混ざり分解が行われることでわきがの臭いになります。

わき毛を脱毛すると言うのは、毛根から破壊をする事になり、しかも医療レーザー脱毛は永久脱毛が可能になるため効果を持つと言われているのです。尚、皮膚に存在する常在菌と言うのは皮膚の表面だけではなく、毛穴の毛根部分に多く繁殖する性質が在ります。その理由は、わきの下のムダ毛が汗を溜める性質が在る事、そして汗を溜める事で湿度が高くなり、常在菌が毛穴の中に多く発生するようになるため、常在菌と汗が混ざり合わさり分解が起きやすくなるわけです。医療レーザー脱毛は、毛穴の奥にある毛根部分を破壊して毛が生えて来なくなるので、常在菌の量が減り、わきがの症状が緩和されることになるのです。

そのため、わきが治療を行うのではなく、医療レーザー脱毛の施術を受けて脱毛を考える人も居ると言います。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*